企業理念・ご挨拶

企業理念

  1. 盤石な安全体質と最高レベルの仕事により、お客様、社会からの信頼をかち得、共に発展していきます。
  2. お客様との和、社会との和、社員の和を大切にし、活発な議論によって企業価値を高めていきます。
  3. 社員を財産として、人を育て、人を活かし、健康で活力あふれる会社を築いていきます。
  4. 地域社会を大切にし、積極的な貢献活動を続けていきます。

ご挨拶

代表取締役 内山 道

当社は明治31(1898)年、小樽の地に港湾荷役を祖業として設立した「橋本組」を源流としており、その後数回の名称・組織変更を経て現在の「新和産業株式会社」へと業務が受け継がれてきました。
明治42(1909)年、この年は当社にとって特筆すべき年です。当時、橋本組が北海道炭鉱汽船㈱の業務を行っていた関係で、現在の新日鐵住金㈱室蘭製鐵所の母体である当時の輪西製鐵所の第一号高炉火入れ時に業務の一部を担うこととなりました。これが当社と室蘭市との最初の接点です。
またこの年、当時創業2代目の橋本博介氏が出光興産の創業者となる出光佐三氏と神戸商業学校(現 神戸大学)を同窓で卒業し、そのご縁で昭和25(1950)年に出光興産㈱が室蘭営業所を開設する際、いち早く業務の一部を請負い、昭和48(1973)年に苫小牧市に出光興産㈱北海道精油所を開設すると同時に、同製油所業務の一部も請け負うこととなりました。

このような歴史を踏まえ、現在室蘭市においては新日鐵住金㈱室蘭製鐵所を中核とした室蘭コンビナートでの荷役・運送関係を中心に、幅広い業務を担い、微力ながら室蘭の基幹産業を支えております。
また、苫小牧市に於いては、出光興産㈱北海道製油所の陸上出荷業務、製油所設備の保守点検業務、ローリーによる配送業務などを請負い、平成3(1991)年からは出光興産㈱千葉製油所の業務の一部も加わって現在に至っています。

8代目の社長である私が今強く思うことは、明治~大正~昭和と激動の時代にも事業の火を消すことなく会社を守り続けてくれた先人たちへの「感謝」と日本の基幹産業である「鉄」と「油」に早くから関わり、国家隆盛の一端を担い続けてきた会社としての「誇り」です。
当社の歴史をあたたかく見守ってくださったお客様、当社を支えてきた先輩たち、そして存立の基盤となる郷土など…、大いなる存在に日々感謝しながら、今は我々が主役となり、誇りを胸に新和産業の歴史を紡いでいく決意を新たにしております。

当社はその名にもあるように、「和」を大切にする会社です。
企業理念でも謳っているように、今までもそしてこれからも、お客様・社員・地域との調和を第一に健全な会社経営に尽力し、会社はもちろん、地域の発展に向けてより一層業務に邁進する所存です。
これからも新和産業をよろしくお願い申し上げます。