コンビナート作業

室蘭の仲町地区は、新日鐵住金㈱室蘭製鐵所殿を中心として、三菱製鋼室蘭特殊鋼㈱殿、日鉄住金セメント㈱殿、黒崎播磨㈱殿が操業し、また多くの鋼材加工メーカー殿が進出して工場を構えており、関係する多数の協力会社も含めて鉄に関連した一大コンビナートを形成しています。
新和産業はこの中において、様々な仕事を行っています。
muroran_jigyo

室蘭コンビナート図

muroran_kombinat_map

室蘭製鐵所作業


鉄の原料となる鉄鉱石、また鉄づくりに欠かせない石炭、その他の副原料は主に海外から超大型船で運ばれ、製鐵所の岸壁から陸揚げされます。
当社は、これらについて船内での荷役作業、またヤードに陸揚げされた後の管理、製銑設備・発電所等への払出し・輸送等の重要な作業を担っています。

kombi1

原燃料船内荷役作業

船からの陸揚げについて計画し、船長と交渉・調整を行うフォアマンという重要な業務を担っています。ほとんどが外国船のため英語力も必要となります。
船内においては、陸揚げに使う大型クレーンのバケット(掴む部分)が届く範囲に鉱石、石炭等を集める作業をショベル等の重機を使って行います。

ヤード作業

陸揚げされた鉱石・石炭等は、ベルトコンベアに載ってヤードへ運ばれます。
ヤード内には巨大な移動機(コンベアと一体で、積みつけたり、すくい取ってコンベアに載せる設備)によって指定された場所へ山積みしたり、山を切り崩して次の処理設備へ送ります。

広大なヤードには何百万トンもの鉱石、石炭がありこれらの設備を滞りなく運搬することが大変重要です。当社は、設備の運転とともに設備故障が起きないよう日々の点検・保全を行っています。
設備の異常を察知する感性、様々なトラブルに対応する技能等、求められるスキルに日々対応しています。

輸送作業

広大な製鐵所構内でベルトコンベア、鉄道で搬送できない箇所へは主にダンプカ-を使って原材料を運びます。
当社は保有する構内専用ダンプ12台を使い、炉で石炭から作られたコークスや、構内にある火力発電所用の石炭等を運搬しています。
それぞれの車両は、積荷や積降し場所の状況に合わせ、また経験を活かして荷台の形状等に改良を加えています。

また、構外においては胆振管内を中心に工事に伴う土砂や産業廃棄物、その他幅広い運送業務を行うとともに、北海道トラック協会加盟会社として、交通安全推進活動や違法廃棄物の処分等へ積極的に参加しています。
冬期間は室蘭市内の排雪作業にも従事します。

その他の作業

環境対策として、構内からの発塵を防止するため、特殊車両を使い散水作業をしています。
車両背面上部の放水銃と前後のノズルにより、ヤード内の原料の山、および構内各道路にくまなく散水します。
また、ミニショベル等を使用した各コンベア下の落鉱処理、種々の溶接技術を使った小修理作業等で製鐵所の安定操業を支えています。
各作業者は自らの技術をさらに向上させるため、日々研鑽に励んでいます。

日鉄住金セメント作業

セメントの製造工程における原燃料移送作業や設備の運転・点検作業を広く請け負っています。

特に製造工程の中心的設備であるロータリーキルンに関連した業務を主要としており、当該設備の点検業務はもとより、当該設備で再生利用されるリサイクル資源の運搬や、それに関連する設備の運転・点検作業のほぼ全てを請け負っています。

また、道路清掃や散水業務、集塵機の保守業務などの環境対策や、特殊セメント製品の包装・出荷業務など、幅広い分野を担当しています。

一部の軽作業については女性も活躍しています。

黒崎播磨作業

黒崎播磨㈱殿に関する作業は、石灰製造工場の運転・管理と煉瓦類受払・管理の2部門に別れています。

石灰製造工場は、ロータリーキルンを中心として、石灰石を焼成することにより、製鉄所の製鋼工程に重要な生石灰を生成します。
当社は、制御室におけるオペレーションをはじめとして工場における作業を全面的に請負っており、責任も大きい反面やりがいを持って日々従事しています。

また、室蘭コンビナートで使用する耐火煉瓦を中心とした様々な種類・形状の煉瓦等について、当社はフォークリフトや大型トラックを使用して、受入れ・配送、またこれらに伴う整理・管理業務を行っています。

総合物流マネジメント

当社複合貨物部は、国内・海外を問わずあらゆる品物をお客様にお届けするための最適なマネジメントを行っています。

大切な品物を、コストミニマムで安全・確実かつ迅速にお届けするため、輸送方法・輸送手段、一時保管場所等について綿密に調整の上、最適な提案をさせていただきます。