人材育成・技能伝承

人材育成について

新人からベテランへ、またやる気と能力によっては現場管理職である工長、作業長へと育成していくため、系統的に各種資格、作業スキルの取得に向けて教育していきます。 現場ごとにキイマン(技術・技能の要)となる人材を造りこんでいくことが、技能伝承の面からも非常に重要となってきます。 当社は、個人の能力を最大限に発揮させるため、個別に段階的なカリキュラムで育成していきます。

育成概念図

jinzai

技能伝承について

将来に渡って作業レベルを維持・向上させていくため、確実に次世代へと技術・技能を伝承していくことが必須となります。 当社は指導者・被習得者間で指導が効率良く行えるよう、工夫を重ねながら進めています。

並列2シーター

船内実習状況

一例として、重機の中で最も技能を要するパワーショベルについて、当社独自に考案した2シーターの特注機を導入しています。

これは現在国内に一台しかない重機で、一般には運転者のみの1シートに対し並列2シートになっており、横で直接
実機によって指導することができます。
これにより、船倉に於ける複雑で高度な操作の早期習得に大きな効果を発揮しています。